空の境界の動画壁紙がっつりとについて

■このブログについて
空の境界の動画、壁紙、MADや情報などを紹介していくブログ。式かわいいよ式、式は俺の嫁!と思っている管理人が空の境界についてあれこれと綴っていくようは一ファンのまとめサイトのようなものだと思ってくださいw( ´ー`)ノ
両儀式が手に入れた直死の魔眼をめぐる物語を堪能あれ(*`ロ´ノ)ノ
■動画について
当ブログで紹介しております動画は 個人的に各動画共有サイトへのリンクをまとめているものであり、管理人は各動画のアップロード、などは一切行っておりません。 動画のアップロード等またはクレーム・削除依頼に関しましては各動画共有サイトへ問い合わせてください。
■壁紙画像について
当ブログに掲載している壁紙・画像は殆どがネット上や海外サイトからの拾い物です。 壁紙・画像の著作権は、それぞれの製作者様に帰属します。 当ブログはその権利侵害を意図したものではありませんが、製作者様からの要請があれば対応させていただきますので、ご一報ください。

ブログランキング

よろしければ一日1回クリックお願いいたします。ブログ更新の励みになります。
♪感謝☆(人゚∀゚*)☆感謝♪

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の境界第七章 殺人考察(後)見てみた感想。

2009年09月06日 07:38

いろいろなブログとかで 第7章「殺人考察(後)」とかの情報もいろいろ出てきたので

そろそろ感想書いてもよいかななんて思いかこうかと。

ということで 劇場版空の境界 ファイナル?w

第7章「殺人考察(後)」の感想みたいなものです。
まっ私が空の境界をみだして早 2年がながいねぇ~で
ファイナルなわけです。もとが同人誌で発表された作品を映画化しているということもあって
見たことある人やファンの人だけに見てもらえればいいみたいな感じ
そこが結構おれ的にはいい作品なのですが賛否両論あるとうもうw
まっはっきりいって万人向けではないし
悪く言えば独りよがりというか閉塞的
たげどもそこが原作と変わらず、空の境界ぽくてファンにはたまらない作品かと。

内容的には 式と幹也の超ラブラブっぷりがとってもめだってましたw
このふたりについてはすれ違いというか微妙なずれはあるものの
随時ニヤニヤしてしまうようなかんじw
うん幸せものだな幹也!
戦闘しーんなどもこれまで同様しっかり表現されてしたい
空の境界独特の映像美というか世界観もちゃんと表現されていたと思います。
また白澄里緒の精神的なものや落ちるところまで落ちてしまってる感じなんかは
すこし感情移入してみいってしまいそうな感じでした。
まっ簡単だけどもこんな感じでw
これから見る人もいそうだし もちっとくわしいのはDVD発売あたりにとおもっています。
いちどでも空の境界をみておもしろいかもと
感じた人は是非劇場まであしを運んでみてください。
スポンサーサイト

空の境界 第三章 痛覚残留予告動画

2009年08月07日 09:01

■空の境界 第三章 痛覚残留予告動画




浅上 藤乃の登場です。声優は 能登だっす。

対象の強度に関係なく“曲げる”能力「歪曲」の持ち主なんだけどなんかかなしい奴なのよね。。。。

「はい。とても・・・・とても痛いです。わたし、泣いてしまいそうで  泣いても、いいですか」

まがれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ 

「ないていいですか?」 ビェ─・゚・(。>д<。)・゚・─ン!!

いい予告編でした!

劇場版 空の境界 第一章「俯瞰風景」 予告編

2009年08月06日 01:21

劇場版 空の境界 第一章「俯瞰風景」 予告編 動画サイトで見つけたので紹介



私は下記2箇所がよかったですぅ((((゜Д゜;))))

自分を守るために 式のふたを開けようとするものを みんな殺してしまいたいんだ

っ箇所と

生きているのなら神様だってころしてみせる!

ってところ 式かわええ (*´ェ`*)っ゚+。☆愛☆。+゚



空の境界 殺人考察(後) 八月八日 公開

2009年08月04日 02:46

ついに空の境界 完結へ 2009年 8月8日劇場公開開始!

まぁ今からゎくo(。・ω・。)oゎくしとるわけですが

劇場版『空の境界』最終章となる第七章「殺人考察(後)」の情報が公式サイトで公開されてましたのでちぃーと紹介。

空の境界

「殺人と殺戮は違うんだ。覚えてる、コクトー? 人は、一生に一人しか人間を殺せないって」

心の底から「特別」になりたかった。

その願いが選択を誤らせた。否、あえて過ちへと導かれた。当時、それは最高にして唯一の方法だと信じて疑わなかったのだから。

それは4年前のこと。

1995年。彼と彼女は出逢う。

翌1996年、彼女は眠りに墜ちる。しかし、仄暗く芽生えた思いは、人知れず育まれ続けていた。

その二年後の1998年。彼女は目覚め、新たな時を刻み出す。

同時に、彼女を得る為の思惑も人知れず蠢いて………今、4年後の1999年。

彼女をとらえる全ての仕掛けは破錠した、はず、だった。しかし、歯車は狂い出す。

4年ぶりに繰り返えされる通り魔殺人。

夜ごと行われる人殺しは、彼女の内に潜む殺人衝動と、もう何処にもいない「織」を否応なく思い出させていた。

殺している、のは果たして「誰」だろう。

だからこそ、再び彼女は夜の街を徘徊し。。

それゆえに、彼は彼女のために夜を往く。。。

殺人と殺戮の違い、特別である事と普通である事の違い、狂気と正気の違い、その正誤ではなく己の在りようだけが大切だったはずなのに、比べる事に囚われて。

望んだのは、とても当たり前に大切な人と当たり前に生きていく、それだけの事なのに。その事をないがしろにした故の咎を、負う。


ううううっなんか意味深ですなぁ 早くみたいぜ!

kara.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。